一部メーカー、SUS304ステンレススクラップの買値をキロ5円下げ(日刊産業新聞)



 一部の国内ステンレスメーカーは1月7日から、SUS304(18クロム―8ニッケル)ステンレススクラップの炉前購入建値を1キログラム当たり5円(トン当たり5000円)引き下げた。昨年12月中旬に続く追加引き下げとなり、他のメーカーもこの動きに追随するものとみられる。LMEニッケル相場は年明け後、小幅反発する動きが続いているものの、韓国向け輸出低迷によって日本国内需給が緩和していることなどが建値引き下げの要因とみられる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す