薄板3品、2カ月連続で大幅減 11月末在庫414万トン(日刊産業新聞)



1/9(水) 11:40配信

日刊産業新聞

 11月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月比2・9%、12万4000トン減の413万6000トンとなり、2カ月連続で大幅に減少した。9月の大型台風で混乱した内航をはじめとする物流が10月以降、徐々に好転したことが在庫調整進展の大きな要因だが、JFEスチール・西日本製鉄所(倉敷地区)で昨年10月下旬に起きた高炉トラブルも影響したものとみられる。410万トン台を記録したのは昨年4月以来、7カ月ぶり。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す