菊川工業、塗装・仕上げを内製化(日刊産業新聞)



 建築物の金属製内外装工事を手掛ける菊川工業(東京都墨田区、宇津野嘉彦社長)は7日、塗装工場設備を増設・強化し、起動式を行ったと発表した。下処理設備を設けることで、アルミ塗装を強化する。起動式では修祓式を行い、同社および協力会社など43人が出席。宇津木社長は、「これまで品質管理上一番苦労してきた塗装・仕上げ工程を内製化することで、お客さまの満足度向上に貢献できる体制・整備が進んだ」とコメントした。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す