住友金属鉱山、19年ニッケル4.9万トン不足予測(日刊産業新聞)



 住友金属鉱山は2019暦年のニッケル世界需給を4万9000トンの供給不足と予測する。4年連続の供給不足見通しだが、不足幅は18年見込み9万3000トンから狭まる。需要側でステンレス鋼向けや二次電池向けの消費が増える一方、供給側でニッケル銑鉄(NPI)の増産が続く。日本市場では電池向けの消費が伸び、18年、19年と供給不足を予想する。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す