鬼頭鋼材、ファイバーレーザー導入 対応板厚拡大で生産性向上(日刊産業新聞)



12/26(水) 12:01配信

日刊産業新聞

 地区有力鋼材流通の鬼頭鋼材(本社=愛知県東海市、横田誠社長)は、厚板工場にファイバーレーザー1基を導入し、25日に安全祈願祭、起動式を行い稼働を開始した。後工程の製缶部門も含めた切断から組み付けまでの一貫した生産性向上を図るとともに、レーザーでの対応板厚を拡大することで、幅広い需要家ニーズへの対応力を強化。設備単体で月間200トン程度、厚板工場全体では従来比20%増の同1200トン程度への加工量引き上げを図る。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す