19年度予算案、鉱物資源課1.3億円減額(日刊産業新聞)



 政府が21日閣議決定した2019年度予算案で、資源エネルギー庁鉱物資源課関連は今年度より1億3000万円少ない167億6000万円が盛り込まれた。海洋鉱物資源開発、海外資源確保、リサイクル・製錬技術、レアメタル備蓄のいずれも微減。石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)を通じ資源関連の資産買収などを支援する財政投融資計画は、142億円少ない644億円となった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す