鉄連 19年度全国粗鋼見通し、18年度をやや上回る 内需減も輸出増想定(日刊産業新聞)



12/19(水) 13:30配信

日刊産業新聞

 日本鉄鋼連盟は18日、2019年度の全国粗鋼生産が18年度見込み(17年度の1億484万トン並み)をやや上回るとの見通しを公表した。国内鉄鋼需要は投資の一巡や消費税引き上げなどの影響によって18年度を下回るものの、海外の需要増を背景に鉄鋼輸出が増加し、輸入は横ばいになると想定。全国粗鋼は5年連続で1億500万トン前後を維持する。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す