人の目同様、次世代スキャナー 産業技術総合研究所発ベンチャーが自動運転向けに開発(SankeiBiz)



 産業技術総合研究所発ベンチャーで、自動運転車向けの次世代視覚システムなどを開発するSteraVision(ステラビジョン)は、人の目と同じように高度な視覚機能を持つ、業界初の次世代のソリッドステート型スキャナー「MultiPol(マルチポール)」を開発、来年4月をめどにサンプル出荷を開始する。

 同スキャナー開発のため第三者割当増資を実施、1億5000万円を調達した。ニッセイ・キャピタル8号投資事業有限責任組合と360ipジャパンファンド1号投資事業有限責任組合が引き受けた。この資金を使って開発品の精度を高め、サンプル出荷のめどをつけた。

 全天候型で、自動運転車やドローンの視覚システムに応用できるほか、人が立ち入れない事故現場や視界の悪い場所でロボットなどに搭載し、計測するシステムにも活用できるという。

 同スキャナーは基本的に、観測する物体に光を照射し、光が跳ね返る時間から対象物を計測する技術を使う。

 同社では、人の目が視点を見たい場所に次々と移すように、レーザー光の向きを変える機能を持ったソリッドステート型デバイスを開発。従来のように画面の端から端まで順番に走査(スキャニング)する機械部分が必要なく、人の目のように、全体の画像をおおまかに捉えて、短時間に前方を走る車や信号機など、注目したい点だけを集中して高精細に計測でき、長距離の対応も可能だ。

 このマルチポールに、霧や煙の中でも遠方の物体までの距離や方向を測定し、検知する光学技術「デジタルコヒーレントライダー」を組み合わせた。

 これまで視覚システムには、機械的に素子を動かす、モーターや微小電子機械システム(MEMS)が使われてきた。視点を飛ばすようなことができない上、機械部分の故障で駆動できなくなる可能性もあった。

 2020年には、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)、自動運転のセンサー市場規模は、12年比で約14倍の1兆4475億円に拡大すると見込まれている。

 ステラビジョンでは市場拡大を見越して、量産化への第2次の増資も計画している。今後は人工知能(AI)を搭載した視覚システムに進化させたい考えだ。

 自動運転技術の普及には、車の目となる、より高性能で安価なセンサーやスキャナーが欠かせないだけに、世界で自動車メーカーをはじめ、光学技術を持つメーカーやスタートアップ企業がしのぎを削っている。今年10月に、米アップル出身の技術者らが立ち上げたスタートアップのAeva(カリフォルニア州)も、ベンチャーキャピタルなどから約50億円を調達するなど、技術開発競争が加速している。

                   ◇

【会社概要】SteraVision

 ▽本社=茨城県つくば市千現2丁目1-6

 ▽設立=2016年12月

 ▽資本金=1億5500万円 (資本準備金を含む、2018年11月時点)

 ▽事業内容=産業技術総合研究所で開発された「光ステアリングデバイス」をコアとした応用製品の開発



Related Post



コメントを残す