満室でも予約可能なサイトが騙し取ったお金(東洋経済オンライン)



12/8(土) 5:30配信

東洋経済オンライン

 中国の大手オンライン旅行代理店(OTA)であるTrip.com(トリップドットコム)を巡って、すでに満室のホテルを「1室のみ在庫がある」などと偽って販売している事案が全国で発生していたことがわかった。

この記事の写真を見る

 トリップドットコムは、中国・上海に拠点を置く大手OTAのシートリップ・インターナショナル(シートリップ)が海外で展開するブランドだ。シートリップや提携する旅行会社が取り扱う宿泊施設や航空券などを販売している。提携ホテルは世界200カ国120万軒に及び、航空券は200万ルート、5000都市を網羅しているという。

 事の発端はこうだ。業界団体でeコマース問題を担当している旅館経営者の永山久徳氏によれば、東北地方のとある旅館の予約担当者が、年末年始に客室が満室となったことから、部屋を販売していた複数のOTAで満室であることを示す設定に切り替えた。しかし、トリップドットコムでは1室だけ残っているという掲載が消えなかったというのだ。

■休館日も予約できるようになっていた

 情報交換を目的として参加していた、旅館関係者のSNSなどに状況を報告したところ、ほかの旅館でも同様に、トリップドットコムにだけ、満室の日でも空室が数室あるという表示がされ続けた。

 たとえばある高級旅館では、数カ月前に満室で販売を終了した12月31日の予約が可能だと表示された。しかも2連泊、食事なしで10万円と通常の2倍以上の価格だ。数時間後、その表示はなくなった。つまり誰かがその価格で購入したということだろう。別の旅館でも、12月の休館日に2泊25万円と表示された。もちろんまったく身に覚えのない設定だ。

 試しに予約画面を進めていくと、「予約確定:●時間以内」という文言が表示された。つまり、旅行者は個人情報を入力した時点では予約が確定されておらず、「残り1室」という表示には何の根拠もないことがわかる。

 掲載内容をみると、旅館側が設定していないプランが勝手に作られていたり、存在しない部屋の広さが登録されたりしている。挙げ句の果てには、部屋の写真が近所のまったく別の業態の店だったというケースすらあった。

 トリップドットコムは、これらの機能を「オンリクエスト」機能と呼んでいる。宿泊施設側に送った文書によれば、「カスタマーよりリクエストがあった場合に、お宿様へ確認後、ご送客させて頂くという双方の機会損失を少しでも削減しようとする制度」であると説明した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す