ベンツ「新旧Gクラス」に見た武骨すぎる凄み(東洋経済オンライン)



12/7(金) 16:00配信

東洋経済オンライン

かつて全日本F3選手権に4年間参戦した五味康隆が、元レーシングドライバーの目線から「絶賛できるクルマ」だけを取り上げる本連載。今回はメルセデス・ベンツ「Gクラス」だ。
 今年も暮れようとしている今、2018年の自動車業界を振り返れば、今年も改めて多数の新型車が出て自動車選びに楽しさが出たし、その中でも記憶に強く残るモデルも多数ある。

【写真で見る】これが新旧Gクラスだ!

 SUBARU「フォレスター」のように市場ニーズを的確につかんだ商品や、ホンダ「N-VAN」のようにニーズを満たしつつも新たな提案要素を込めているワクワクするモデル、トヨタ自動車「クラウン」のように往年のイメージを保ちつつも大改革をして乗り味を大幅に洗練させたモデル、日産自動車「ノート e-Power ニスモ」や、ホンダ「クラリティ PHEV」など今までにない乗り味と電気自動車の将来性を感じさせるモデルもあった。そんななか、モデルというより戦略面で記憶に残る取り組みがあったので紹介しておこう。

 それはメルセデス・ベンツだ。

■メルセデスの強さの裏にあるもの

 個人的に強い日本メーカーを求めているので、外資のこの手の要素を取り上げるのも複雑だが、すごいのだから仕方ない。強さの裏には、相応の理由があるということ。なにがすごいって、商品戦略における攻めどころと守りどころが見事すぎる。

 たとえば、エントリークラスであり、新しいモノにより積極的にアプローチする比較的若い所有層のいる「Aクラス」のフルモデルチェンジでは、AIの一歩手前、車内およびクラウド上の言語認識データから乗員と会話するように各種コントロールをしてくれるクルマ版スマートスピーカーの搭載など、その進化は見た目を含めて革新的で大きく派手に行われている。

 秋口に大きな変更が加えられた新型「Cクラス」では、クルマを構成する半分以上のパーツに相当する6500点以上が新規に起こされたにもかかわらず、オーナーでなければその進化に気がつかないほど見た目を含めてさり気なく進化を遂げた。背景には、比較的に保守的な所有層が多いことと、現オーナーのクルマを古く感じさせない配慮、さらには“いま”そのデザインは市場から強く支持されているので“いじらない”という姿勢がある。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す