建材薄板メーカー、販価是正待ったなし 日鉄住金鋼板 値上げ必達表明(日刊産業新聞)



 建材薄板メーカーは下期に入り、原板価格などのコストアップで採算が一段と悪化し、販価是正が待ったなしの状況となっている。大手4社の上期決算は2社が減益、1社が赤字。足元は荷動き好調にもかかわらず、このままでは「さらなる業績悪化が避けられない」(建材薄板メーカー)見通しだ。こうした中、日鉄住金鋼板(細貝清司社長)が諸コストアップに対する価格改善が不十分な品種について、早期に値上げを必達する方針を表明した。建材薄板メーカーの危機感は強く、日新製鋼建材も同様の動きを見せており、各社は販価是正に本腰を入れる構えだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す