ジャパンファインスチール、純マグネで0.025ミリ極細線(日刊産業新聞)



 ジャパンファインスチール(本社=山口県山陽小野田市、長尾浩司社長)は、純マグネシウムで直径0・025ミリメートルの超極細マグネシウムワイヤの開発に成功した。従来は直径0・07―3・5ミリメートルで量産化し、偏径差/線径公差が線径の100分の1未満という高精度を達成してきたが、今回さらなる極細の製品化にこぎつけた。純マグネシウムでこれだけの細さを実現するワイヤは市場にないとされ、今後は医療分野などでの採用につなげていくことを目指す。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す