事務次官のセクハラ・パワハラ疑惑 吉川農水相「承知していない」(産経新聞)



 7日発売の一部週刊誌で報じられた農林水産省の末松広行事務次官による過去のセクハラ・パワハラ疑惑について、吉川貴盛農水相は同日、「報道の件は承知しているが、そのような事実があったとは承知していない」と述べた。この日朝の閣議後の記者会見で質問に答えた。

 末松氏からは「そういった事実はない。記憶はない」などと報告があったといい、省内で疑惑を調査をする必要性については否定した。その上で、吉川氏は「説明責任は本人にある」と指摘し、末松氏自身の言葉で疑惑を晴らすことを求めた。

 疑惑を報じたフライデーによると、末松氏は内閣参事官だった平成15年ごろ、部下の女性に対し繰り返し食事に誘い、断られると怒鳴るなどの行為をしていたという。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す