10月の訪日観光客、再びプラスに 年間3000万人超す見通し(SankeiBiz)



 観光庁は21日、10月の訪日外国人旅行者数が推計で前年同月比1.8%増の264万600人だったと発表した。9月は豪雨や地震災害の影響で5年8カ月ぶりにマイナスに落ち込んだが、再びプラスとなった。ただ、伸び率が10~20%台だった今年前半の水準には戻っていない。

 1~10月の累計は9.7%増の2610万9300人。田端浩長官は同日の会見で、10月下旬開始の航空路線ダイヤで座席供給量が過去最大となったのを踏まえ、「今後、特段の外的マイナス要因がなければ2018年は初めて年間3000万人を超える」との見通しを示した。

 10月の国・地域別は、1位は中国で7.8%増の71万5300人と、前月のマイナスからプラスに転じた。2位の韓国は8.0%減の57万1200人。台湾が9.9%減の37万9600人、香港が0.9%減の16万9500人と続いた。

 韓国は4カ月連続のマイナスで、昨年は10月上旬だった大型連休が9月に移ったことが響いた。

 また、1~10月の累計でベトナム、イタリア、ロシア、スペインの4カ国が、既に昨年1年間の訪日客数を上回った。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す