築地市場解体工事、発生鉄スクラップ2.7万トン(日刊産業新聞)



11/22(木) 12:15配信

日刊産業新聞

 豊洲市場(東京都江東区)への移転に伴い、2018年10月10日に閉場した築地市場(同中央区)の解体工事が同10月11日から始まっており、同工事で発生するスクラップ数量(工事発注時の積算ベース)は、鉄骨構造の「普通鋼スクラップ(主にHSに相当)」で1万5897トン、また鉄筋コンクリート造の「金属スクラップ(H1―H2に相当)」では1万1184トンになる見通しだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す