雑線相場、関西で上昇基調(日刊産業新聞)



 関西地区で、雑線の流通価格が上昇基調にある。中国が今年いっぱいで雑線の輸入を禁止することを受け、日本側の輸出業者が船積み・出荷を急いでおり、足元の流通価格は銅分41―42%で月初比キロ5―8円高の250―253円(置き場)と、平均価格が250円台に乗った。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す