10月の訪日客264万人 過去最高更新 観光庁(産経新聞)



 観光庁は21日、10月の訪日外国人旅行者数(推計値)が前年同月比1・8%増の264万600人で、同月としての過去最高を更新したと発表した。9月は自然災害が相次いだ影響で5年8カ月ぶりにマイナスに落ち込んだが、10月は再びプラスとなった。

 1~10月の累計は2610万9300人。田端浩長官は会見で、「今後、特段の外的マイナス要因がなければ3千万人を超える」との見通しを示した。

 10月の国・地域別のトップは中国で7・8%増の71万5300人。伸び率は前月のマイナスからプラスに転じた。2位の韓国は8・0%減の57万1200人。台湾が9・9%減の37万9600人、香港が0・9%減の16万9500人と続いた。

 韓国は4カ月連続のマイナスとなったが、昨年10月上旬にあった大型連休が9月に移ったことが響いた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す