ファミマ、「うまいパン決定戦」9社とタッグ(産経新聞)



 ファミリーマートは21日、パンメーカー9社の協力を得て「うまいパン決定戦」と名付けた期間限定のキャンペーンを実施すると発表した。ヒット商品を発掘するとともにパン需要を掘り起こして販売増につなげる狙い。

 山崎製パンや神戸屋などがメロンやリンゴなど果物を使ったファミマオリジナル商品を9種類(128円から)開発。一部エリアを除く全国約1万6千店で27日~12月17日まで売り出す。対象商品購入で割引クーポンを発行する。

 全国を5ブロックに分けて期間内の販売金額を競い合い、ブロックごとの1位を選出。優勝商品は1月に再発売する。期間中は店舗の棚を目立つようにしたり、会員制交流サイト(SNS)上で情報発信を行って話題性を高める。

 東京都内のファミマ本社で21日、各社が熱のこもったプレゼンを披露。沢田貴司社長は「ファミマの現場とメーカーが一緒になって作り上げた企画だ」とアピールした。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す