「日産自動車グループ国内取引状況」調査 1次仕入先の約8割が資本金1億円未満(東京商工リサーチ)



 11月19日、日産自動車(株)(TSR企業コード:350103569、法人番号:9020001031109、横浜市西区、東証1部)のカルロス・ゴーン会長が、東京地検に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で逮捕された。同会長はフランスのルノーや、三菱自動車工業(株)(TSR企業コード:290569729、法人番号:7010401029044、東京都港区、東証1部)の会長を兼務していた。
 東京商工リサーチ(TSR)は、日産自動車と同社グループ(以下、日産自動車グループ)と直接取引のある1次取引先、間接取引の2次取引先を調査した。取引先総数は仕入先合計が1万1534社(重複除く)、販売先合計は6697社(重複除く)だった。
 日産自動車グループと直接取引のある1次仕入先(2997社)は、製造業が1312社(構成比43.7%)と4割を占めた。1次仕入先の本社地は、トップが東京都で803社(同26.7%)、2位が本社のある神奈川県で574社(同19.1%)と、2都県で全体の4割を占めた。日産自動車グループと直接取引のある1次仕入先は5割、1次販売先は6割が関東に集中している。
 また、資本金1億円未満(個人企業を含む)の中小企業は、1次仕入先が2997社のうち、2379社(構成比79.3%)。2次仕入先9315社のうち、6302社(同67.6%)と大半を占めた。
 日産自動車は2017年9月に完成検査に係る不適切取扱いが発覚し、2018年7月にも自主点検の完成検査時の排出ガス測定でも不適切な行為が判明した。そして、今回の相次ぐ不祥事で海外からも動向が注目されている。
※本調査は企業情報サービス(tsr-van2)の企業相関図から、日産自動車および同社グループの仕入先、 販売先を1次(直接取引)、2次(間接取引)に分け、業種、地区、規模などを抽出、分析した。
※1次取引先は直接取引のある取引先、2次取引先は1次取引先と直接取引がある間接取引企業を示す。
※日産自動車のほか、2018年3月期の有価証券報告書に記載されている国内連結子会社16社、持分法適用会社2社の合計19社を対象とした。


Related Post



コメントを残す