「社内の教育制度」に期待してもダメな理由(東洋経済オンライン)



11/14(水) 11:10配信

東洋経済オンライン

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

私は先月にIT系専門学校を卒業し、今月から社員数30人程度のウェブシステム開発企業に入社しました。業務は客先常駐の下請けです。プロジェクトごとにさまざまな企業に常駐するので、多様な経験ができると思い入社を決意しました。
チームメンバー全員が特定派遣社員で常駐している形ですので、同じ会社の先輩や上司が誰もおらず、人間関係構築が難しい状態です。会社側には研修やサポートも何もなくプロジェクトメンバーに聞いてくださいとの一点張りです。

今から転職をしようかと考える反面、転職先企業にアピールができるよう、下流工程であるテストフェーズを最低でも1年は我慢してやるほうがいいのかと悩んでいます。自分のやる気面もあると思いますが、この客先常駐で3年間働いてスキルアップできず技術が身につかなかった場合を想定すると1年以内に転職したほうが市場価値を考えるとよいのではと考えています。
そして、業務内容に関して私はずっとプログラマー一本でやっていきたいという気持ちはなく、マネージャー側の管理業務や設計など上流工程の企業業務をしたいと考えています。そのためにはある程度のプログラミング・テストといった下流工程のフェーズをする経験は必須技術だと考えています。今の企業では技術面でも差が出てくる可能性があるため、今からでも研修や教育が整っていてチーム内で人間関係が構築しやすい現場で働きたいと強く思います。

私は新卒で入社したばかりで実務経験もありませんし、学校で習ったIT授業も高度な技術ではないです。このような私の転職についてご相談に乗ってはいただけないでしょうか。よろしくお願いします。
PG/SE 秋野

■己の将来性を広げられるかどうか

 専門を卒業後すぐの段階であるという前提で考えますが、秋野さんのご年齢を考えると職業を選ぶ際に優先するべきは、その場にいることで自分にとっての将来の職業選択上の選択肢を増やすことができるか否か、です。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す