教養として読むべき「経済学の名著」ベスト5(東洋経済オンライン)



11/11(日) 7:20配信

東洋経済オンライン

難解なイメージがある経済学ですが、その基本的な知識がすぐに頭に入る「名著」があることを知っていますか? 
『経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる』の著書のある、代々木ゼミナールのカリスマ講師・蔭山克秀さんに教えてもらいました。

①『経済学』サミュエルソン
 ――数式をあえて使わず説明してくれる良書

 サミュエルソンは現代経済学の「隠れた巨人」です。従来理論の再構築と分析手法(特にモデルの単純化や数学の活用)で新しい道をバンバン拓き、経済学全体の学問的発展に多大なる功績を残したことで、1970年ノーベル経済学賞を受賞しました。

 彼の著書『経済学(上下巻)』は「世界一売れた経済学の教科書」として知られ、全世界で1000千万部を超える超ベストセラーとなっています。

■初心者にやさしい教科書

 この本はとてもすごい本です。まずグラフの説明がおそろしく丁寧で、初めての人でもかなり安心して学べます。図の説明もメチャクチャ具体的でわかりやすい。たとえば「生産物市場」の具体例として「トウモロコシの価格/医療/ロックコンサート/ピッツァの価格」などを挙げ、すぐ下にそのための「要素市場」として「トウモロコシ用農地の地代/医者の勤務時間数/スタジオの使用料/トラックの走行マイル数」などと書かれています。これ以上ないくらいのわかりやすさです。

 さらにこの本、「何を・いかに・何のために」が徹底されている上、一番すごいのが「数式がほとんど出てこない」ことです。経済学で数学革命をもたらしたサミュエルソンが、教科書では数式を使わないのです! 

②『セイラー教授の行動経済学入門』セイラー
 ――話題の「行動経済学」がわかる! 

 セイラーは「行動経済学」で経済学と心理学を見事に統合し、2017年ノーベル経済学賞を受賞しました。

 行動経済学とは、経済学に心理学的アプローチを試みることで、人間の非合理的な行動をモデル化していく学問分野です。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す