(平成経済)第5部・リーマンの衝撃:8 職を失って…奮闘の10年(朝日新聞デジタル)



 職を失い、海外に活路を見いだした人。ゼロから再出発した人――。2008年9月のリーマン・ショックは、ごく普通に働いていた人たちを直撃した。この10年、人々は、それぞれの道を歩んだ。(大和田武士)

 ■経済成長の国で実績積んだ やりたい仕事、考え続けた
 経済成長が続くタイの首都・バンコク。銀行や大使館が並ぶ中心街の高層ビルが、下川ゆうさん(33)の職場だ。ショック後の09年に日本からタイに渡った。
 現地の人材紹介会社、エンワールドのチームマネジャー。タイ人の優秀な人材をヘッドハンティングし、進出日系企業などに、管理職の「即戦力」として紹介する部門の責任者を務める。…… 本文:2,559文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す