「有名企業への就職率が高い女子大学」ランキング(東洋経済オンライン)



11/9(金) 5:40配信

東洋経済オンライン

 大学の教育力を可視化する際、就職率や就職先は、数少ない指標の一つといえるだろう。この視点から女子大を見ると、教育力の高い大学が数多くあることがわかる。実就職率に注目すると、2018年3月卒の大学全体の平均値が88.4%なのに対し、女子大の平均は91.0%で、2ポイント以上高いのだ。

「有名企業への就職率が高い女子大学」ランキング11位以下はこちら

 女子大の個別の実就職率を見ると、トップは昨年と同じ、東北女子大学だ。健康栄養と児童の2学科からなる大学で、大半の学生が栄養士資格もしくは教員免許を取得していることが、高い就職率のベースとなっている。

 2位は昨年の7位から順位を上げた昭和女子大学。卒業生1000人超の大学でベスト10に入ったのは同大のみ。この規模の女子大の実就職率ランキングでは、8年連続でトップである。卒業後のキャリアから逆算した専門教育科目の履修など、学生本位の手厚い就職支援が奏功しているようだ。

 3位の女子栄養大学は栄養学部の単科大学で、4位の桜花学園大学は保育学部の定員が多い大学だ。両校とも、就職に強い資格が取得できることが、高い就職率を支えている。

■2年連続でトップは東北女子大学

 5位の福岡女子大学は国際文理学部の単科大学で、1年次に全員が留学生と生活する全寮制教育を実施している。多様な価値観に触れ、コミュニケーション能力が磨かれることは、就職の大きな武器になる。

 ランキング中には、この上位5校を含め、実就職率が90%を超える大学が37校ある。その多くに共通するのは、女子大特有の”学生に対する面倒見の良さ”だ。

 例えば、18位の日本女子大学は、1966年から「教養特別講義」を実施している。1年次に大学の理念を学び、2、3年次に社会で活躍する卒業生とのディスカッションを通して、広い視野の獲得を目指す。その際、卒業生という将来のロールモデルが示されることも、就職に向かう明確な思いや意思を醸成することになる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す