FRB議長、パウエル氏指名 緩やかな利上げ、継承へ(朝日新聞デジタル)



 トランプ米大統領は2日、米国の中央銀行、米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にFRB理事のジェローム・パウエル氏(64)を指名した。パウエル氏は金融政策では「中立派」とみられており、緩やかに利上げを進めるイエレン議長の路線を引き継ぐとみられる。

 来年2月に任期切れとなるイエレン議長に代わり、2008年の金融危機後に進めた未曽有の金融緩和から、政策の正常化に向けた仕上げを担う。
 トランプ氏はホワイトハウスでパウエル氏の指名を発表。「我々の経済を導く賢明さと指導力を持っている」と強調した。パウエル氏は「上院で承認されたならば、与えられた目標の達成に全力を尽くす」と話した。……本文:3,882文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す