どうなる「1皿50円」の挑戦 かっぱ寿司が新戦略(J-CASTニュース)



 回転寿司チェーン「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトは、2017年11月下旬から首都圏の十数店舗で、すし1皿に1個(「1貫」という数え方は意味に諸説あるので当稿で用いない)を乗せて税別50円で試験的に販売する。10月26日、発表した。「1皿に2個で税別100円」がかっぱ寿司を含めた回転寿司チェーンの基本パターンだが、女性や高齢者らもより多くのネタを楽しめるよう、「分割販売」を試す。

 回転寿司業界は国内では今どき珍しい成長分野だが、それだけに競争は激しい。かつて売上高首位だったかっぱ寿司は他チェーンの攻勢や経営の迷走もあり、今では「4強」の中で4位に後退している。過去約10年にわたって3度の身売りを経験し、何度も再生を誓ってきたかっぱ寿司。1皿50円以外にも「平日午後食べ放題」の普及などにも挑戦する今度こそ、本当に巻き返しを図れるのか、注目されている。

■試験実施の結果を検証し、全店舗実施も検討

 かっぱ寿司の現在のオーナー、外食大手コロワイドが送り込んだ3人目の社長である大野健一氏が10月26日、東京都内で開いたイベントで新戦略をアピールし、「『あれも食べたかった』の声にこたえる。お客様が何を求めるかを聞き、スピード感を持って実現する」と強調した。「1皿50円+税」は試験販売での顧客の反応などを検証し、全店舗での実施も検討する。

 また、6月に店舗限定で行って好評だった「食べ放題」を11月1日から22日まで、全店で実施する。男性が1580円+税、女性が1380円+税。客足の途絶える平日14~17時限定で、客は事前にウェブサイトかスマートフォンアプリで予約して訪店する仕組み。寿司のほか、麺類やデザートなども基本的にOKだ。大野社長は「『また行きたい』の声に全店でこたえる」と語った。さらに加えて、平日限定メニューを拡充し、2018年1月から「ハッピー平日」と題してランチセットや丼メニュー、デザートなどをそろえる。

 かっぱ寿司はかつて回転寿司チェーンのリーダー的存在として全国に次々と店舗を開店し、庶民には高嶺の花だった寿司を1皿100円で提供するビジネスモデルを確立し、売上高でトップに君臨していた。転機となったのは、2010年に展開した「平日1皿90円」のキャンペーン。平日に客を呼ぼうという狙いは良かったのだが、店舗側の対応が追いつかず、「注文しても届かない」などのクレームの山を築いた。価格低下は「安かろう、悪かろう」の負のイメージを定着させてしまう副作用も招いた。結果として2011年には、あきんどスシローに売上高首位の座を明け渡した。業績が悪化し赤字基調が定着する中、コスト削減が商品やサービスの質を下げ、客足が遠のくという悪循環に陥った。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す