テスラ、米中摩擦に先手 上海に用地確保(朝日新聞デジタル)



 電気自動車(EV)大手の米テスラ社が17日、中国・上海につくる大規模工場の用地を取得したと発表した。中国での生産準備を急ピッチで進めるのは、米中貿易摩擦に伴う高関税に対処するためだ。テスラは中国での高い人気を背景にさらなる食い込みを図るが、それは先進技術を得たい中国にとって狙い通りでもある。

 テスラが今回取得したのは、上海市で210エーカー(約85ヘクタール)に及ぶ広大な工場用地だ。「上海でこの場所を確保できたのは、画期的だ」。テスラ幹部は同日の式典で喜んだ。7月に上海市と建設協定を結んだあと、テスラは準備作業を加速させてきた。…… 本文:1,182文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す