フェストアルピーネ 水素還元など次世代製鉄法、10年以内に導入決定(日刊産業新聞)



10/18(木) 12:29配信

日刊産業新聞

 オーストリアのフェストアルピーネは水素還元など次世代製鉄法の導入を10年以内に決定する方針だ。リンツ製鉄所で最大のA高炉は改修を終えたばかりで今後10年以上改修がない。次の改修までに新技術導入を決めるという。二酸化炭素(CO2)を出さない水素製造のパイロットプラントに2月に着工し、長期的な開発を進めている。環境規制が厳しさを増すなか、抜本的な低炭素技術に切り替えることで欧州での製鉄拠点維持のための技術革新を狙う。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す