(けいざい+)アートに変身、世界へ一歩 仙台発、震災契機「汚せないトイレを」(朝日新聞デジタル)



 アートでトイレに「革命」を――。白い便器をキャンバスに見立てて美しく彩る特殊シート「アートレッタ」が、デザインの本場・フランスに本格進出することになった。考案したのは仙台市の水道工事会社。きっかけは、東日本大震災でのある出来事だった。
 花柄や幾何学模様はおろか、キャラクターに浮世絵まで。アートレッタは便器の色を自在に変えることはもちろん、絵柄までも曲面に合わせて再現し、トイレ空間を華やかに演出する。でも、こんなことを思いついたのはなぜだったのか。
 「ショックだったんです。トイレは、汚してもいいと思われている場所なんだ、って」。…… 本文:1,319文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す