ポスト安倍レース、6人の混戦模様でスタート(東洋経済オンライン)



10/13(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

 安倍晋三首相が自民党総裁としての最後の任期に入ったことで、永田町では早くも、「ポスト安倍レース」がスタートした。9月の総裁選で、首相との一騎打ちで善戦した石破茂元幹事長(石破派会長、61)はもとより、今回は出馬を見送った岸田文雄政調会長(岸田派会長、61)、推薦人不足で出馬できなかった野田聖子前総務相(無派閥、58)の有力3氏が次期総裁選に向けて動き始めた。

この記事の写真を見る

 ただ、3氏のほかに今回留任した河野太郎外相(麻生派、55)や党3役入りした加藤勝信総務会長(竹下派、62)が出馬に意欲を示す。「将来の総理・総裁確実」(自民幹部)とされる小泉進次郎氏(無派閥、37)も「2020年の東京五輪後は日本の大転換期」と状況次第では参戦の可能性をにじませている。

 首相の任期は2021年9月末だが、政界には「任期前の退陣表明もありうる」との見方があり、ポスト安倍のタイミングも絡んで、自民党内の国盗り合戦は展開次第で結果も変わる混戦模様だ。

 3度目の総裁選出馬で首相に連敗した石破氏だが、地方(党員・党友)票で予想を上回る「45%」を獲得したことで、現時点では「ポスト安倍の本命」と目されている。「選挙が終わった途端、次の戦いが始まる」が石破氏の持論。総裁選直後から支援を受けた国会議員や団体へのあいさつ回りを手始めに、党内の支持勢力拡大へ、活動を本格化させている。地方票では6年前の総裁選では断然トップ、今回も首相に肉薄しただけに、さらなる拡大に向け、長年続けてきた地方巡りに、一段と熱を入れる構えだ。

 石破氏の弱点は総裁選で73票にとどまった国会議員票だ。今回は首相サイドの強い締め付けの結果とされるが、6年前も国会議員による決選投票で首相に逆転負けしている。3年前に立ち上げた派閥も20人のままで、「議員票の広がりに欠ける」(竹下派幹部)のは事実だ。麻生太郎副総理兼財務相は、議員票と地方票の乖離について、「近くにいる国会議員のほうがよく見ている」と指摘した。今後は「党内での“石破嫌い”の払拭」(自民長老)が最大の課題となる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す