中国の対米黒字、最大更新 9月341億ドル 制裁前の駆け込み、人民元安が輸出後押しか(産経新聞)



 【北京=西見由章】中国税関総署が12日発表した貿易統計によると、今年1~9月の対米貿易黒字は2257億ドル(約25兆円)で、前年同期比15・2%増加した。また9月の対米貿易黒字も341億ドルと前年同月比20・9%増加し、単月の黒字額として過去最高を更新した。

 米国は9月24日に2千億ドル相当の中国製品に追加関税を課す第3弾の対中制裁を発動しており、制裁前の「駆け込み」の取引や人民元の対ドル相場の下落などが対米輸出を後押ししたとみられる。

 9月の対米貿易黒字は今年8月比でも9・9%増加した。9月は対米輸出が前年同月比14・0%増えた一方、輸入は同1・2%減とマイナスに転じ、黒字幅が拡大した。

 中国の対米輸出に米中貿易摩擦の本格的な影響が出始めるのは10月以降との見方も広がっている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す