44年ぶり東京23区出店、「大人」パルコの勝算(東洋経済オンライン)



 11月4日、ファッションビルを運営するパルコは東京・上野で新型店舗の「パルコヤ」をオープンする。同社が東京23区内にパルコ店舗を出店するのは、1973年の渋谷パルコ以来、実に44年ぶり。東京の東エリアに出店するのも初めてだ。

【写真】11月4日にオープンする東京・上野の「パルコヤ」

■4割のテナントがパルコに初出店

 松坂屋上野店南館の再開発による大型複合施設「上野フロンティアタワー」の中核店舗として、1階から6階までのフロアをパルコが運営する。パルコは2012年にJ. フロント リテイリングの傘下に入ったが、同社と店舗を共同開発したのも今回が初めてとなる。

 「パルコの新しい『刺激』として展開していきたい」。開業に先立ち10月31日に実施された記者会見の席上で、パルコの牧山浩三社長は力強くそう語った。

 パルコヤには68店舗がテナントとして入居するが、そのうち約4割がパルコに初めて出店したブランドだ。衣料品の比率を抑え、雑貨や食品などのテナントを充実させた。ただ、延べ床面積が約8200平方メートルと、パルコの中では中型の店舗になり、入居する各テナントのフロアスペースは決して広くない。牧山社長は「各ショップには通常の8割程度の広さで我慢してもらった」と話す。

 やや手狭な感が否めないものの、パルコではなく、隣接する百貨店の松坂屋にちなんでパルコヤと名付けたことからもわかるように、この新店舗はほかの店舗とは違う新機軸を打ち出している。

 パルコヤは一言で表現すると、大人向けの店舗だ。パルコは20~30歳代の若い世代を主要顧客としているが、パルコヤについては上野御徒町という下町に店舗を構えることを考慮して、30~50歳代の団塊ジュニア世代層を中心顧客として設定した。そのため、「既存のパルコより高い年齢層の大人を意識した形で、それぞれの専門店を展開している」(パルコヤの小林昭夫店長)。

 たとえば、2011年と2012年に『ミシュランガイド東京』で星を獲得した日本料理店「くろぎ」は、和カフェ&バーを出店。世界的な建築家である隈研吾氏が店内デザインを手掛けるなど、隠れ家的な落ち着いた雰囲気を演出している。

■上野と縁のあるブランドも展開

 地元密着を意識し、上野御徒町エリアと縁の深いブランドも11店舗誘致した。「KURA CHIKA by PORTER」というブランドで出店する老舗のかばんメーカー「吉田カバン」は、創業者の吉田吉蔵氏が12歳から縫製の修業を積んだ場所が上野だった。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す