ハロウィーンが盛り上がる「卵料理専用道具」 卵で恐竜が作れる  合羽橋の台所番長が斬る! いまどきの料理道具を徹底比較(日経トレンディネット)



10/6(土) 8:00配信

日経トレンディネット

 合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、ハロウィーンのパーティーも楽しくなりそうな卵関連の面白調理グッズを紹介。

【関連画像】シリコーン製だから熱に強く、洗うのも簡単。その日の気分で型を選ぶのも楽しい

 こんにちは、飯田結太です。料理はときには面倒だったり、つらいときがあります。そんなとき、気持ちを前向きにしてくれる調理道具があったらいいと思いませんか。そういうときはもちろん、子供と一緒に料理をしたいときにサポートしてくれる、海外製のユニークなグッズを2回にわたって紹介します。今回は卵料理グッズです。

■卵料理をアートにする

■ゆで卵を守る騎士?

■シュールさが人気。恐竜形の卵

※価格は全て希望小売価格(税別)です。

卵料理をアートにする

 海外の調理道具の中でも充実しているのが、卵料理関連のグッズです。卵料理は、欧米では朝食に欠かせないメニューだから、どれだけ卵をおいしく、楽しく食べられるかというアイデアが豊富なのでしょう。

 中でも人気が高いのが、フライパンで作る卵料理のためのグッズ。特に、キッズ向けの食に関する雑貨が充実している米国のブランド、フレッドの商品はユニークです。目玉焼きをネコやフクロウ、イヌなどの形に作ったり、オムレツがスマイルデザインになったら、卵料理が好きではない人でも食べたくなるかもしれません。どれもシリコーン製の型をフライパンにおいて、そこに卵を割り入れるだけ、溶いた卵を流し込むだけと簡単。料理初心者にもお薦めです。インスタグラムでも評判で女性にも人気です。

ゆで卵を守る騎士?

 海外のホテルで朝食をとると、ゆで卵がエッグスタンドにのってサービスされることがあります。それを面白くアレンジしたのが、こちら。騎士姿のエッグスタンドは、剣の代わりにスプーンを持っているところがユニーク。もちろん、本当に使えるスプーンなので、このまま食卓に出せば、子供も大喜びするはず。

 もうひとつは、兵士スタイルのエッグスタンド。しかもおなか部分が丸見えで太ったスタイルなのが面白い。ゆで卵の代わりに、小さめのカップケーキやおにぎりを入れても楽しいと思います。

シュールさが人気。恐竜形の卵

 卵をゆでてすぐに入れてしばらく置いておくと恐竜の頭が完成する型。上のほうから食べていくと、まるで恐竜の頭の中をのぞいているような雰囲気になるのがとてもシュールです。キャラ弁で悩んでいるお母さんたちに好評で、売り切れてはまた入荷し続けている商品。一つ注意したいのは、Lサイズの卵を使うこと。Mサイズだとうまくこの通りにはなりません(談)。

(文/広瀬敬代、写真/菊池くらげ) 

【関連記事】

Related Post



コメントを残す