米、対日協議の目標 既存協定以上の市場開放(産経新聞)



 【ワシントン=塩原永久】パーデュー米農務長官は4日、首都ワシントンで講演し、トランプ政権が日本との貿易協議で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)などの既存協定で日本が認めた以上の市場開放を目指す考えを示した。パーデュー氏は日米両政府が合意した物品貿易協定(TAG)などへの期待を表明し、「農業分野が重大な関心事だ」と明言した。

 TAGの交渉開始で合意した9月下旬の日米首脳会談では、共同声明で、日本の農産物市場の開放は、日本の過去の協定内容を限度とする立場を米政府が「尊重する」と記した。

 パーデュー氏は「われわれの目標は本質的に『TPPプラス』になるだろう」と話し、TTPを超える米産品の輸出拡大に意欲をみせた。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)にも言及し、講演後、記者団に「日本はEUにとても寛大な取引条件を与えた」と述べた上で、「(米政府は)日本がEUに与えたのと同等か、それ以上を期待している」とした。

 パーデュー氏は「日本は米国と2国間交渉を拒んできた」と指摘。2国間交渉を推し進めるトランプ大統領の交渉姿勢を称賛した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す