日本に居座る不届き外国人「強制退去」の内幕(東洋経済オンライン)



10/5(金) 8:00配信

東洋経済オンライン

さまざまな不法行為に対して、行政当局が命じられる強い措置が「強制退去」だ。そんな日本全国で繰り広げられる「退去の瞬間」にカメラが完全密着する「タイキョの瞬間! 密着24時 ~出て行ってもらいます! ~」(フジテレビ系で10月6日(土)よる7時から放送)。番組内でも紹介する取材班が密着した「退去の瞬間」をお届けしよう。

【写真】これが木津川の河川敷につくられた「ヤミ畑」だ!

 午後8時、群馬県内の住宅街。2人の男はエンジンを止めた車の中で身を潜め、真っ暗なアパートの1室を見つめていた。

 記録的な猛暑が続いた今年8月。夜でも気温は30℃を超えているというのにエアコンは使えない。じっと息を殺し、部屋の動きに目を凝らす男たち……彼らの正体はいわゆる“入管Gメン”。法務省・東京入国管理局の入国警備官だ。

 先日、入国管理局が来年4月に「出入国在留管理庁(予定)」へと“格上げ”されることがニュースで報じられた。近年、増加する訪日外国人に伴い、強化が必要な不法滞在者の取り締まり、外国人労働者の受け入れ拡大や東京五輪に向けて、さらに増える外国人への対策が必要なためだ。

 そんな中、不法滞在者は増加傾向にある。摘発された人数は東京入国管理局だけでも一昨年から2000人を超えるペース。2014年は、約400人だったことを考えるとわずか数年で急増していることがわかる。

 一昔前は、都会の繁華街に潜む中国人というイメージだった不法滞在者も、最近は、茨城、群馬、埼玉などが多い。大きな工場がある地域、農業が盛んで人手の足りない地域に集まる傾向にあり、特にタイ人、ベトナム人の増加が著しいという。

 群馬県のアパート前に張り込み、内偵調査を続けるのは、東京入国管理局・調査第一部門の入国警備官たち。調査第一部門では、約40人のGメンたちが1都8県を担当し、月に50~60人を摘発するという。

 今回のターゲットは、3年前、留学生として日本へやってきた24歳のベトナム人の男。半年前にビザが切れて不法残留となり、現在は群馬県内の工場で働いているという。

 内偵調査の目的は、調査対象者の居住の実態をつかみ、生活パターンを把握、確実に摘発すること。警戒心の強い不法滞在者に、こちらの存在を気づかれれば、逃亡されてしまう可能性が高い。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す