渋谷駅「ゴミ拾い競技」、1位は何kg集めたか(東洋経済オンライン)



 東急グループは鉄道だけでなく、不動産、ホテル、百貨店、広告など多種多様な事業に広がっている。「Bunkamura」などの文化施設も抱え、渋谷を拠点にさまざまな文化・芸術の情報を発信している。その東急グループの各社が渋谷の街を舞台にゴミ拾いで競い合うという。

【写真】渋谷「ゴミ拾い競争」に密着

 今回開催されたのは「スポGOMI大会@渋谷」というイベントだ。「スポGOMI」というのは、まだ、あまり耳慣れない言葉だが、従来型のゴミ拾いに、「スポーツ」のエッセンスを加え、どちらかというとネガティブなイメージのゴミ拾い”作業”を、”競技”へと変換させた日本発祥の新しいスポーツだ。

 具体的な競技内容は、1チーム4人が、あらかじめ定められたエリア内で、制限時間内にゴミを拾い、ゴミの質と量でポイントを競い合う。一般社団法人ソーシャルスポーツイニシアチブが、2008年より普及活動を行っており、昨年は、ロシアやミャンマーなど海外でも大会を開催したという。

■「ゴミ拾い競技」の狙いとは? 

 10月27日午後3時20分、集合場所となった渋谷駅近くにあるオフィスビル前の広場に、渋谷の近隣に事業所のある東急グループ30社からエントリーした、51チーム206人の”選手”たちが集結した。

 本大会の目的は、渋谷の街の美観を保持するという目的はもちろん、グループ社員間のコミュニケーション促進を図ることも目的としており、異なる会社の社員同士で組んだ”混成チーム”も見受けられた。

 開会式冒頭であいさつに立った東急電鉄の野本弘文社長は、「東急グループにとって渋谷は、わが家同然。街も家も”美しく””楽しい”が今後のキーワード。楽しい街を創るべく、(東急グループは)渋谷駅周辺で、いろいろな開発を進めているが、渋谷を訪れるお客様に、美しい街で楽しんでいただくためには、われわれが率先して行動しなければならない」と話し、選手たちの士気を高めた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す