新日鉄住金、片倉の鋼管を子会社化(日刊産業新聞)



 新日鉄住金と同社の持分法適用会社である片倉の鋼管(本社=兵庫県尼崎市、今本康文社長)は6日、新日鉄住金が片倉の鋼管の株式を追加取得し子会社化することについて合意したと発表した。2018年1月下旬をめどに、公正取引委員会の審査が終了次第、子会社化する。完了すると新日鉄住金の出資比率は現在の24・9%から約80%に増える。その後、片倉の鋼管は4月をめどに「日鉄住金片倉鋼管株式会社」に社名を変更する予定。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す