北と軍事衝突、前CIA長官が示した懸念の重み(東洋経済オンライン)



 ドナルド・トランプ米大統領が11月5日から日本などアジア5カ国を歴訪する。北朝鮮への対処が最大の課題だが、10月に入ってからは北朝鮮からの挑発行為はやや小康状態だっただけに、6回目の核実験がおこなわれた9月時点と比べ、日本国内の危機感はそれほど高くないように思える。

この記事の写真を見る

 しかし、米国内の焦燥感はそれとは異なる。米中央情報局(CIA)の前長官が公の場で、北朝鮮との軍事衝突の可能性について、「20~25%」と受け止められる数字を示したことが衝撃を持って受け止められている。軍事衝突があれば、日本と韓国それぞれで100万人規模の犠牲が出かねないという想定が米国で出ているなかで、極めて大きい数字だ。その深い意味と、今回のトランプ氏のアジア歴訪の重要性を考えたい。

 日本国内が衆院選の終盤にさしかかっていた10月18日夜。今年1月までオバマ政権のCIA長官を務めていたジョン・ブレナン氏は、母校であるフォーダム大学(ニューヨーク)にいた。質疑応答で、米国と北朝鮮の間の軍事衝突の可能性を問われ、こう語りだした。

 「朝鮮半島における軍事衝突の可能性はこの数十年で最も高まっている(I think the prospects of military conflict in the Korean peninsula are greater than they have been in several decades)」

 「私は、その可能性が高いとか、多分そうなるだろうというふうには思っていないが、もし、それが(軍事衝突が起こる確率が)4回のうちの1回、とか、5回のうちの1回ということだとすれば、それは高すぎる確率だ(I don’t think it’s likely or probable, but if it’s a 1-in-4 or 1-in-5 chance, that’s too high)」

■米国メディアがブレナン氏の発言を報道

【関連記事】

Related Post



コメントを残す