北海道震度7地震 観光業界が支援に名乗り 10月からキャンペーン価格(産経新聞)



 最大震度7を観測した北海道の地震を受け、日本旅行業協会の田川博己会長(JTB会長)は20日、北海道観光への風評被害を最小限に抑えるため、加盟する旅行業者にキャンペーン価格の旅行商品の販売を呼びかけていることを明らかにした。10月1日から取り組む方針。

 政府は平成28年の熊本地震で、観光による復興支援の一環として旅行商品向けの補助制度「ふっこう割」を導入した。田川氏は「風評被害が広がってからでは遅い。(北海道行きの商品の発売に)先んじて取り組む」と述べた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す