携帯3社iPhone最新型価格出そろう オプション、プランで差別化(SankeiBiz)



 NTTドコモなど携帯大手3社は14日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)XS(テンエス)」などの新端末の価格を発表し、予約受付を開始した。21日に発売する。

 テンエスのデータ容量64ギガ(ギガは10億)バイトモデルは、ドコモが12万8952円、KDDI(au)が12万8640円、ソフトバンクが13万6800円と最大で8000円余りの差が出た。

 KDDI(au)とソフトバンクは、端末代を4年分割払いにして2年後に機種変更することで半額になるオプションを選択できるため、2年間の負担額を約6万4000円~約6万8000円にできる。一方、ドコモはこうしたオプションはないが、2年契約を前提に毎月割引が受けられる料金プランを選択すると2年間の負担額は約7万円程度になる。また、端末下取りで最大6万4000円割り引くなどのキャンペーンも用意した。

 KDDIとソフトバンクは半額になるオプションが“4年縛り”、ドコモの2年契約を前提にした割引プランも“2年縛り”で、こうした縛り契約は政府から見直しを求められている。ただ、新型アイフォーンは高額なため、一般の携帯契約者はこうしたオプションや割引プランを選択するとみられる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す