ダイソン、自然光再現するLED灯など複数新製品発表(SankeiBiz)



 英家電大手ダイソンは14日、新開発の室内用LED照明「タスクライト」を来月3日、空気清浄ファンヒーター「ピュアホットアンドクール」の新モデルを同17日発売すると発表した。同社が複数の新製品を同時発表するのは初めて。昨年には電気自動車(EV)への参入も発表しており、日本でのビジネスをさらに拡大する構えだ。

 タスクライトは暖色LEDと寒色LEDを各3個用い、「学習」や「リラックス」などの利用場面に応じた明るさや、自然光に近い色温度で照らす。またスマートフォンと連携させ、自分の好みに合った照明に調整できる。机上型は想定本体価格6万4000円、床置き型は同8万6000円。人工衛星で用いられる放熱構造を採用したことで、LEDの劣化を最長60年間防ぐ。

 空気清浄ファンは同7万7800円。直径0.1マイクロメートルの微粒子を99.95%除去する。従来機種より暖房機能を高め、「約10畳の広さまで暖められる」(担当者)ようにした。

 ジム・ローウェンCEO(最高経営責任者)は14日の発表会で「ダイソンと消費者の間の理解をさらに深めたい」と述べ、国内に5カ所ある直販店を増やす考えも示した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す