西日本豪雨 復興へクラウドファンディング 全国から支援の手(日本農業新聞)



 西日本豪雨で被害を受けた産地がインターネットで資金を募るクラウドファンディング(CF)を使う動きが広がってきた。農家の被災状況や復興への取り組みを紹介し、共感した支援者が寄付する仕組みだ。被災者個人では復旧の費用が賄えない甚大な被害に、全国から支援の手が差し伸べられている。(田中秀和、丸草慶人)

かん水設備修復期待 愛媛

 愛媛県では、甚大な被害を受けた宇和島市吉田町の若手農家がCFによる資金募集を7月31日から始め、29日までに857万円が集まった。目標額は9月中旬までに2000万円。ミカン収穫期を控えて復旧作業が急ピッチで進む中、行政側の負担が示されていないスプリンクラーの修復などに充てる予定だ。

 「生き残ったミカンだけでも食べてもらいたい」。取り組みを提案した山本利輔さん(37)は園地が土砂に流された。CFの専用サイトやインターネット交流サイト(SNS)で、被災農家として産地の苦境を伝えている。山本さんは「消費者に産地の現状を直接訴えたい」と狙いを話す。

 募集する資金は1口3000円から。5000円以上の寄付に対し、ジュースやかんきつの返礼品を用意した。産地全体で復興を進めるため、寄付先は、地元のJAえひめ南玉津共選管内のスプリンクラーを管理する三つの防除組合にした。山本さんは「寄付をきっかけに吉田町や玉津の名前が記憶に残る。時間がたっても、スーパーで見掛けたときに思い出してほしい」と前を向く。

 同共選の共選長、山本計夫さん(65)は「クラウドファンディングという方法を知らなかった。若い発想で全国に産地の現状を発信してほしい」と期待する。

 JAえひめ南は、復興支援をする一般社団法人RCFや宇和島市と連携して7月27日~8月10日にCFを実施。約500万円が集まった。農業用ポンプの再整備などの費用に充て、地元のかんきつ農家の復旧を支援する。農家から「絶望していた農家の希望が見えてきた」といった感謝の声が上がっている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す