17年とんかつかつ丼市場 18%増530億円 簡便志向 揚げ物に商機(日本農業新聞)



 とんかつ・かつ丼を提供する外食店の2017年の市場規模は、統計がある10年以降で最大だったことが、調査会社の富士経済のまとめで分かった。前年比18%増の530億円だった。値頃感を打ち出した大手チェーンの出店が相次ぎ、中高年層や家族層を中心に利用が増えた。同社は「今後も市場拡大が期待できる」とみる。

 とんかつ・かつ丼の外食市場は調査の開始以降、右肩上がりで伸び、過去5年で2・4倍に拡大した。割安な輸入豚肉を使い、低単価を売りにしたチェーン店が増えたことが後押しした。外食大手は「消費者の簡便志向が高まり、家庭で揚げ物料理を作る頻度が減っているためファミリー層向けに商機がある」と話す。18年は前年比14%増の605億円の見込み。

 また、ファストフードのハンバーガー市場は、17年には8%増の6510億円だった。富士経済は「日本マクドナルドがキャンペーンを強め、全体を押し上げた」と分析する。18年は5%増の6811億円の見込み。

 牛丼店の市場は15年以降、微増が続いている。17年は1%増の3735億円だった。チェーン店の統廃合で店舗数は減ったが、季節感を打ち出した期間限定メニューの販促などが堅調だった。18年は2%増の3803億円の見込み。

 調査は5~7月に企業や団体へ聞き取りなどを基にまとめた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す