東京モーターショーで必見なのは? 新型カイエン、次期スープラ兄弟車とうわさのBMWも(日経トレンディネット)



 2017年11月5日まで開催中の「東京モーターショー2017」。2年に1度開催される国内最大の自動車ショーに行くチャンスがあったら何を見るべきか。国内外メーカーのブースの中から、今回は輸入車を中心に、近い将来に発売される可能性が高い新型車と、注目のコンセプトカー、さらには意外に面白い商用車などをピックアップしてお届けする。

【関連画像】日本で初公開されたVWのコンパクトカー「ポロ」の新型。「ゴルフ」の弟分となるコンパクトカーだ

●来年発売予定の「ポロ」「up!GTI」などが続々のVW

 ドイツのフォルクスワーゲンは、欧州で発売されたばかりの新型コンパクトカー「ポロ」を日本初公開。「ゴルフ」などと同じプラットフォームのMQB(Modularen Querbaukasten)で開発された新型はサイズアップし、3ナンバーになったのがトピック。これにより室内、特に後席が広くなった。日本への導入は2018年になるだろうから、ひと足早くチェックしておこう。実際に触れることもできる。

 また小さなスポーツカー「up!GTI」も注目だ。1トンを切る軽量コンパクトなボディーに、115ps/200Nmの1.0L直列3気筒ターボエンジンを搭載、6速MTで操るホットハッチだ。こちらも来年上陸の予定。

 また発売されたばかりの5ドアクーペ「アルテオン」も展示している。未来的なワンボックススタイルのコンセプトカー「I.D.BUZZ」は、2020年から量産するというEV(電気自動車)シリーズ「I.D.」のラインアップの一つ。この形のままにはならないだろうが、キュートなEVとして日本にも上陸するはずだ。

アウディは自動運転レベル3相当を搭載する「A8」を日本初公開

 自動運転技術の実用化に積極的なドイツのアウディは、自動運転レベル3相当の機能を世界初搭載したフラッグシップセダン「A8」の最新モデルを日本初公開。A8のLEDライトシステムのデザインは今後、他のモデルにも採用されていくと考えられるだけに注目だ。

 市販車ではないが、「Elaine concept(エレーヌ コンセプト)」と「Q8 sport concept(Q8 スポーツ コンセプト)」も日本初公開。エレーヌ コンセプトは、欧州で2019年に導入されるEVのコンセプトモデル。3モーターを用いた電動4WD車で、95kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、航続距離は最大500kmを超えるという。Q8 スポーツ コンセプトは、アウディSUVの新たなフラッグシップとして導入が計画される「Q8」のバリエーションの一つ。スポーツ性能がかなり高いマイルドハイブッドシステムが搭載されるようだ。多様化が進むSUVの中で、スポーティーな大型モデルとして、登場を期待する人も多いだろう。2台とも市販を前提としたコンセプトカーだ。

●ポルシェ「カイエン」3代目を日本初公開

 同じくドイツのポルシェは、スポーティーなSUVブームの火付け役ともいえる同社初のSUV「カイエン」の最新作を日本初公開。新型は3代目となるが、輸入車SUVとして知名度も高いので、話のタネに見ておくのもおすすめだ。

 また「911」や「718ケイマン」、「718ボクスター」などポルシェ最新のスポーツカーがそろうので、スポーツカーに興味があるなら、ポルシェブースはワクワクできるはずだ。またポルシェ博士が送り出した最初のポルシェ、「ポルシェ356」も展示されている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す