医学部合格に必要な「異常に高すぎる最低点」(東洋経済オンライン)



8/15(水) 13:40配信

東洋経済オンライン

高校3年生にとって、夏休みは、進路を定めなければならない重要な時期。医学部に進むべきかどうか、まだ悩んでいる受験生と親御さんを対象に「医学部受験のスペシャリスト」である代々木ゼミナールの加藤広行さんがその心得を5回にわたって解説する。第2回のテーマは「覚悟」(次回は8月22日配信予定、初回はこちら)。

この記事の写真を見る

 言うまでもないが、医学部に合格するためには、つらい勉強に耐え、全国から集まるライバルに勝つ覚悟が必要だ。さらに、医学部合格は「ゴールではなく1つの通過点」であって、医師をやめるまでは一生努力・勉強を続ける覚悟も必要だ。

 「覚悟」なくして、最難関の医学部に合格できない。

■とにかく高得点が必要

 国公立医学部の一般入試は、大学入試センター試験と各大学の個別試験(以下、2次試験)との合計点で合否が決まる。センター試験と2次試験の配点比率や、各教科・科目の配点ウェートなどは「各大学が独自に設定」している。

 全般的な傾向は次の通りだ。

●センター試験は5教科7科目(東京医科歯科大学の後期日程のみ4教科6科目)が必須で、目標点は「全教科平均で90%」

●募集人員の約9割を占める前期日程では「2次試験重視の大学が主流」で、センター試験で目標点が取れても「合格は確約されない」
 7科目平均で90%の得点率が目標――。前期日程の合格者平均は例年、概ね85~95%の範囲にある。そのため、90%と高めに目標を設定する必要がある。

 90%となれば当然、英語・数学・理科の主要教科だけでなく、「国語・地歴公民の文系教科も含めて」高得点が求められる。レアケースではあるものの、センター試験で80%前後(70%台後半も含む)の得点率だったにもかかわらず、2次試験で高得点を取って合格する受験生もいる。

 だが、初めから最低ラインを当てにすることは、最難関の医学部受験において「目標設定が甘すぎる」と言わざるをえない。

 全科目平均90%が「いかに高いハードル」なのか、詳しく説明しよう。

 上表は、センター試験の国語と数学ⅡBについて、過去10年間の平均得点率を示したものだ。全科目で90%が目標であるのに対し、この10年間の最低点は「国語が49.3%、数学ⅡBに至っては39.3%」という惨状だ。

 医学部志望者以外も含めた全受験生の平均ではあるものの、この2科目の状況を見るだけでも、全科目で90%得点するのがいかに難しいかわかる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す