玉造、基幹システム最新鋭化 20年春完成めど(日刊産業新聞)



 玉造(本社=大阪市北区、棚橋浩司社長)は2020年春完成をめどに、基幹システムを全面更新する。生産・入出荷・在庫・財務・経理・労務などすべての分野を対象にした全社ネットワークシステムを最新鋭化するもので、RPA自動化ソリューションも織り込み、事務作業を画期的に効率化。これにより、管理部門の人材を営業部門など他部門に振り向け、人手不足にも対応する。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す