(けいざい+ WORLD)社会へ投資、税金に信頼 高負担のスウェーデンを訪ねた(朝日新聞デジタル)



 税金の負担は高くても、教育や福祉のサービスが充実する「高福祉・高負担」の国として知られる北欧のスウェーデン。所得税は高校生のアルバイト収入からも引かれる。税金は本当に人々に親しみのある存在なのだろうか。現地を訪ねて、考えてみた。
 民間調査機関Sifoの官庁ごとの信頼度調査で、国税庁の信頼度指数(2018年)は49だった。政府機関の平均値30を上回る。「信頼される役所」の上位の常連だ。
 調査担当のソニア・フォン・ローコフさんは「税金を納めることで社会全体がうまく機能するという安心感が、広く国民の側にあるのでしょう」と話す。…… 本文:1,465文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す