鶏卵の出荷に欠かせぬ黒子役 国産初の鶏卵全自動選別包装装置 京都市のナベル(産経新聞)



 多くの家庭の食卓で欠かすことができない卵。ナベル(京都市南区)は、壊れやすい鶏卵を生産農家から店頭へ出荷されるまで優しく包装する産業用機械の製造・販売を手がける。こうした機械の国内シェアは約8割、世界シェアも約2割で世界2位といい、京都を代表する世界的企業の一社だ。

 大手電機メーカーなどの生産ラインに使う制御機器の下請け製造を行っていた昭和50年ごろ、創業者の南部邦男会長が、取引先メーカー従業員から「鶏卵を自動選別して包装する国産機械がない。機械の作り方教えるから。もうかるぞ」と声をかけられた。

 当時、20代後半だった南部会長は「面白そうや」と心を動かされた。下請けの仕事が終わった夕方以降、弟2人を含む仲間の社員らと国産初の実現に向けて、開発に夢中になった。しかし、うまくいかない。失敗の連続で、試作機では鶏卵を仕分ける前に割れてしまう。

 目的の機械より先に、超音波振動で卵パックの樹脂を溶かしてふたをする機械を日本で初めて開発。これがヒットした。この機械の利益をつぎ込み、約5年後の54年、鶏卵を1個ずつやさしくつかみ、割らずに包装する「鶏卵全自動選別包装装置」の商品化に成功した。

 同社の役員室には、試運転に成功して喜ぶ社員らを撮影した白黒写真が飾られている。南部会長は「当社の宝物。すばらしい瞬間やった」と当時を振り返る。

 国産初の鶏卵全自動選別包装装置は、発売直後から順調に売れた。競合する海外企業の製品に比べ、販売価格を3分の1程度に設定したためだ。鶏卵業者の間で「待ってましたとばかりに、口コミで評判が広がった」。

 しかし、61年、米国の競合会社から、特許侵害があるとして提訴された。約5年間争ったあと、5千万円の和解金を支払う結果になった。「苦しかったが、特許は重要ということに気づかされた」といい、シェア拡大につながる特許戦略強化の“授業料”になったという。

 平成16年には、国内で発生した鳥インフルエンザ騒動で売上高が半分になる危機があったが、何とか乗り切った。

 音感センサーで鶏卵のひびの有無を検知したり、血が含まれているかどうかを判別したりする世界初の技術を盛り込んだ機器類も開発。人手不足など鶏卵業者の悩みを解決する新たな商品を次々と手がけ、鶏卵関連の機器類は今や国内でほぼ独占状態で、世界65カ国・地域へ広がった。

 70歳を迎えた南部会長から今年4月、社長の座を引き継いだ次男の隆彦氏は「国内シェアが8割を超えるが、世界ではナベルの知名度はまだまだだと思う。最終的には世界ナンバーワン。シェア50%はとりたい」と話している。(西川博明)



Related Post



コメントを残す