eスポーツ選手は、なぜ本名を使わないのか(東洋経済オンライン)



8/11(土) 11:00配信

東洋経済オンライン

 8月18日に開幕するアジア競技大会(ジャカルタ)で、デモンストレーション競技として、eスポーツが採用されています。日本からは、『ウイニングイレブン2018』に杉村直紀選手(選手名:SOFIA)と相原翼選手(選手名:レバ)、『ハースストーン』に赤坂哲郎選手(選手名:Tredsred)の3選手が東アジア予選を勝ち抜き、見事出場が決まりました。

この記事の写真を見る

 そういった背景により、ますますeスポーツが一般スポーツと同様の扱いになってきています。そうなってくると現状のeスポーツ界隈とリアルスポーツとの文化のズレが散見されるようになりました。

 その1つが、プレーヤーネーム問題です。

■プレーヤーネームを使う背景

 先ほど紹介したアジア競技大会の選手に(選手名:○○)と記載したように、多くのeスポーツ選手にはプレーヤーネームが存在します。選手がプレーヤーネームを使う背景としては、eスポーツで扱われているタイトルの大半が、オンラインゲームが由来となっている点です。ネット社会では身バレを防ぐために、ハンドルネームなどの匿名を使って活動をしています。

 当然、オンラインゲームも、SNSや掲示板などネットでの活動と同様に、ハンドルネームやプレーヤーネームを使って活動をしてきています。オンライン上だけで大会を開き、そこだけで完結していれば、それはそれで問題がなかったのですが、eスポーツ化することで、決勝大会などはオフラインで行い、顔出しもするようになりました。

 顔出しした以上、プレーヤーネームを使う必然性はなくなったのですが、それまで使っていたゲームでのIDが、そのタイトルではアイデンティティとして存在している以上、そのプレーヤーネームを使う必然性があったわけです。

 そういったネット文化に帰属するものであったので、プレーヤーネームはそのまま使われ続けてきたわけですが、eスポーツがスポーツの1つとして、さらにはアジア競技大会のような国際的なスポーツ大会へ出場するとなると、どうしても浮いた存在になってしまいます。

 アジア競技大会に出場するとなると、サッカーや陸上競技、水泳などの日本代表選手と肩を並べなくてはなりません。eスポーツ選手以外のスポーツ選手が本名を名乗っている以上、eスポーツ選手がプレーヤーネームを使うのに違和感を覚えてしまうわけです。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す