「だまし面接」が蔓延する、就活現場の裏表(東洋経済オンライン)



 就職活動の”作法”は、1990年代前半に形成され、それ以来20数年間続いてきた。自己分析にはじまり、業界研究、企業研究で志望を絞り込み、プレエントリー、ES(エントリーシート)の提出と会社説明会への出席を経て、面接へと辿り着く。

【グラフ】難易度の高い大学の学生ほど「別途呼び出し」が多い

 このステップの大枠に変化はないはずだった。が、最近になって採用に直結するのかはっきりしない、面接が増えてきた。

■選考面接とは言わずに呼び出す企業

 企業は面接と言わずに学生を呼び出しているが、実質的には学生を選考する面接を実行している。偽装する「カモフラージュ面接」、水面下で行う「サブマリン面接」などの言葉が浮かぶものの、まだ定まった用語がない。

 そこで、本当は選考面接なのに「面接」と言わずに学生を呼び出す行為を、本稿では「だまし面接」と呼ぶことにする。だまし面接の背景には、経団連の「採用選考に関する指針」によって、採用スケジュールが迷走してきたことがある。指針は採用広報と採用選考のスケジュールを定めており、2012年卒から2015年卒までの選考スタートは4月1日だった。ところが、3年前の2016年卒では、選考スタートが8月1日と大幅に後ろ倒しされた。

 この2016年卒採用で登場したのが「面談」である。真夏の8月まで待ちきれないので、かなり多くの企業が学生と面談を実施したのだ。もちろん、それ以前にも面談という言葉はあったが、文字通り単なる面談だった。指針のスケジュールをフライングして学生と早期に接触し、実質的な選考をする「面談」は、2016年卒採用から一気に広まっていった。

 指針はすぐに改定されて、昨年の2017年卒採用からは、現在の6月1日選考スタートになっている。しかし、「だまし面接」は、かなり多くの企業の採用手法として、定着しているようだ。その実態をデータから検証してみたい。

 HR総研が今年6月に楽天「みん就」と共同で行ったアンケート調査は、2018年卒業予定の就活生を対象にしており、2,513人が回答している。

 まず学生が回答した企業の「内定までの面接回数」だが、3回が最も多く、40%以上という数字になっている。2回が30%前後、1回は10%以下と少ない。これは2016年卒、2017年卒、2018年卒でも、同じ傾向だ。企業側に聞いても、9割が1~3回面接を行っている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す