GDP実質、年率1.9%増 4~6月期 2四半期ぶりプラス(SankeiBiz)



 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.5%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1.9%増だった。プラス成長は2四半期(6カ月)ぶり。1~3月期の天候不順で弱含んでいた個人消費が回復したほか、設備投資も堅調な伸びを示した。

 項目別では、個人消費が0.7%増と2四半期ぶりのプラス。寒波・大雪の影響などから1~3月期が0.2%減だった反動が出た。野菜など身の回り品の値上がりで冷え込んだ消費者心理が持ち直し、自動車販売が好調だった。

 企業業績の改善を背景に設備投資は1.3%増で、7四半期連続のプラス。掘削機械などへの設備投資が伸びた。一方、住宅投資は2.7%減で、4四半期連続のマイナスとなった。

 輸出は0.2%増で8四半期連続のプラスだったが、海上輸送貨物の減少などでサービス輸出が3.3%減となり、1~3月期の0.6%増から伸びが鈍化。輸入は1.0%増で3四半期連続のプラスだった。

 景気実感に近い名目GDPは0.4%増、年率換算で1.7%増と2四半期ぶりにプラス成長となった。

 茂木敏充経済再生担当相は「景気は緩やかに回復していると認識している。先行きも民需を中心とした景気回復が期待される。ただし、通商問題の動向が世界経済に与える影響などに留意する必要がある」との談話を発表した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す